NEWS
新着情報

2020年3月14日(土)

  • プランナーブログ

ウェディングケーキはなぜ3段なのか?🍰

こんにちわ!

ハミルトンホテルKAZUSA野村です

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます!

本日は【ウェディングケーキが3段の意味について】お話します♪♪

3段のウェディングケーキが広まったのは18世紀のイギリスと言われています

当時のイギリスではケーキは幸せの象徴とされておりました

結婚式にみんなでケーキを分け合うことで幸せを分け合う

という意味が込められていたそうです♥

HMT_0511 HMT_0521

 

ウェディングケーキはそれぞれ

1番下の段を1段目、真ん中を2段目、1番上を3段目と数えます

1段目

当日参列したゲストの方に振る舞う用

2段目

当日参列できなかったゲストの方へ配る用

3段目

 1年後の結婚記念日に2人で食べるor赤ちゃんが生まれた時に食べる用

となっております!

各段にそれぞれの意味が隠されているのですね♪

皆さん!3段目のケーキを1年後に食べるの⁉

と不思議に感じたかもしれませんが ご安心ください!

当時はシュガーケーキが主流でした

シュガーケーキは溶けにくく、日持ちすると言われている事から

湿気を避け保存管理をしっかりしていれば

100年は保存可能と言われていました

こう言った理由から3段目のケーキは

1年後の記念日や出産のお祝いの時などに食べられていたのですね!

いかかでしたか?

本日もブログをご覧頂きありがとうございます♪

。*⑅୨୧——————–୨୧⑅*。 

もっとハミルトンの事を知りたいなら

ゼクシィネット

みんなのウェディング

Instagram

 。*⑅୨୧——————–୨୧⑅*。

 

 

 

新着情報一覧